MENU

兵庫県の高校入試について知る兵庫県の高校入試について知る

兵庫県の高校入試について

兵庫県の高校入試について知る

兵庫県の公立高校の入試傾向と対策

一覧に戻る

兵庫県公立高校入試 教科別の「傾向」と「対策」

国語:入試の傾向国語:入試の傾向
<出題傾向>
  • 文章量が多い
    ページ数からもうかがえるように入試問題全体の文字数が多く,約12,000字の文字数があります。特に最後の大問五の論説文で出題された文章においては,過去五年間の平均文字数が約2,400字です。全国的に見てもトップクラスの文章量といえます。
  • 符号選択問題が多い
    書き抜き以外の記述問題の出題はほとんどありませんが,符号で選択させる問題が全体の7~8割を占めています。しかしながら,一つひとつの選択肢の文が長く紛らわしい点が難度を上げており,正確に読解する力が問われています。
  • 大問は五問構成
    2018年度に分野の出題順が変更になってからは,大問一「情報の読み取り」,大問二「漢文(漢詩)」,大問三「古文」,大問四「文学的文章」,大問五「説明的文章」の構成は変わっていません。
  • 「情報の読み取り」や「古典」にも高い読解力が要求されている
    文章読解問題というと,現代文二題が代表的ではありますが,近年では「情報の読み取り」の出題においても会話文の中で読解の要素が強く,また,漢文や古文も現代語訳ができれば問題に答えられるレベルではなく,深い読みが試されています。
  • 文法・言語知識の出題
    単独の大問での出題はありませんが,「情報の読み取り」や「文章読解」の中で,毎年必ず出題されています。出題は数点分ですが,知識があれば確実に得点できる問題であり,反対に取りこぼすと命取りになりかねません。
<出題内容>
大問 出題内容 設問 配点
情報の読み取り グループの話し合いの会話文の内容を読み解きながら、課題の文章と資料の中から必要な情報を読み取る問題が出題されました。
設問数が2つ、配点が5点増加しましたが、記述問題の出題はありませんでした。
情報の読み取り問題とはいえ、今年度は与えられた会話文の文章読解の要素が強く、慎重に文章を読まなければ正しい選択肢を選ぶことが難しい問題であったといえます。
7 20
漢文
りゅうけい
せつしん
五つの設問中に必出の返り点を打つ基本問題が一題ある構成は例年通り。
問一の指示語が指す語を答える問題、問三の主語を答える問題、問四の内容把握を問う問題も平易な出題でした。
5 13
古文
けんこうほう
つれづれくさ
問一は例年出題される仮名遣いの問題。今年度も「ハ行」の変換で平易。問二は古文中の意味を文脈から意味が取れるかどうか、問三では内容把握が問われ、問四では、随筆の特徴である筆者の考えを読み取る力が試されました。
特に筆者の考えを読み取る問四は、古文で述べられている出来事を受けて、筆者が何を言いたかったのかを四つの選択肢から選ぶ、やや難度の高い出題でした。
4 12
小説文
すずむらふみ
やぐらだい
心情把握を含む内容理解の問題を軸に、漢字の読みと本文中の語句の意味を問う出題傾向は変わらずですが、今年度は品詞の識別を問う文法問題がこの大問四で出題されました。
心情把握を含む内容理解を問う問題では、紛らわしく長い選択肢が並び、文章中の表現を丁寧に読み取らなければ正答にたどり着けず、大問全体としての難易度は高くないものの、設問によっては正答率が低くなりそうな出題でした。
10 25
論説文
もりまさ
『計算する生命』
計算や科学技術による人間の生き方の変容という科学的探究がテーマの評論文ですが、この大問五の本文自体も原稿用紙6枚弱(2,300字超)、かつ内容も一読しただけではなかなか頭に入ってこないような聞きなれない語句が並んでいます。
漢字の選択問題においては、今年度は3問中、2問が中学生配当漢字からの出題でした。
文法問題では、2年連続係り受けの問題が出題されました。
その他、問六の書き抜きで解答する問題以外はすべて符号選択で、例年通り、長めの紛らわしい選択肢が並びました。特に大問八は、誤りの選択肢の根拠を確実に本文中から指摘しなければ正答の選択肢が選べないことと、最後の問題でもあることから、時間切れでじっくりと正答の選択肢を選びきれなかったかもしれません。今年度の入試においても、引き続き「正確」に「速く」読み解く力が問われています。
11 30
入試の対策入試の対策
  • 読むスピードを上げる
    約12,000字の入試問題の答えを考える時間を確保し解答するためには,読むスピードを上げるしかありません。しかし,スピードを上げることによって内容理解が薄くなるようでは本末転倒です。まずは普段の生活の中で文字を読む習慣がない人は,ぜひその時間を意識的に増やしましょう。身近なところでは新聞がよいでしょう。時事問題にも触れることができ,一石二鳥です。あとは問題を解くときに意識して少しずつ読むスピードを上げていくようにしましょう。
  • 解答の根拠を探して解く
    符号選択問題といえども,正答/誤答とする根拠を本文中から見つけられないと,本当に理解して答えられたとは言えません。入試問題は符号選択問題が大半を占めるとはいえ,きちんと解答の根拠を持って答えられるように,今は時間がかかっても確認するようにしましょう。また,各種問題集やテストの解き直しをすることは思考を整理する上で必要です。解き直しを徹底しましょう。
  • 知らない言葉は自ら調べる習慣をつける
    言葉の知識は一朝一夕で身に着けられるものではありません。近年の出題傾向でもある科学技術系の論説(評論)文では,非日常的な語彙がたくさん出てきます。語彙が増えれば,読解力もさることながら,今後ますます必要とされるであろう表現力も磨かれていきます。意味がわからない言葉を見聞きしたときは,面倒がらずに調べましょう。調べることによって記憶に残っていきます。
    国語の学習は、忍耐強く取り組めば他の教科の実力アップにもつながります。漢字や語句、文法の基礎など知識分野の学習を早めに始めるとともに、上記のような読解力を上げる学習を根気よく続けていきましょう。

数学:入試の傾向数学:入試の傾向
<出題傾向>
  • 各分野がバランスよく出題される
    ある分野に偏って出題された例は今までありません。関数と図形,確率と図形,関数と方程式というような,融合問題が多数出題されていることを考えても,どの単元もバランスよく学習を進める必要があります。
  • 問題の難易度の差が大きい
    正答率40%以上60%未満の問題が少なく,正答率40%以下の難問と正答率80%以上の平易な問題が多いという特徴があります。得点しやすい問題と得点しにくい問題がある程度はっきり分かれるということは,数学で点数の差がつきにくいといえます。よって,数学の得意不得意によって点数に差ができるのではなく,ミスが多い少ないで点数に差がつく傾向があります。
  • 数学なのに文章量が多い
    2022年度の大問6に代表されるように,文章量が多い問題が多数出題されています。また,どの年度においても大問1以外は文章題で構成されています。それに加えて,図・表・グラフを読み取らなければならない問題がほとんどです。計算力だけでなく,情報を正確かつ迅速に読み取る読解力が必要です。
<出題内容>
大問 出題内容 設問 配点
計算,図形の基本を中心とした独立小問 (1)正負の数の加減,(2)多項式の加減,(3)平方根の加減,(4)因数分解,(5)解の公式を用いた2次方程式の計算,(6)比例と反比例,(7)多角形の角,(8)箱ひげ図を読み取る問題で,昨年度と同様全8問構成でした。
また,今年度も中1から中3の全学年の学習内容から出題されていました。(8)は符号選択問題でしたが,適切なものをすべて選択する完答の問題であり,紛らわしい選択肢があったことで多くの受験者を悩ませたことでしょう。(8)は近年の大問1の中では難易度が高い問題でした。
8 24
1次関数の利用(ダイヤグラム) ・登場人物が目的地まで進んだときのようすを表した1次関数のグラフを読み取り,連立方程式を利用する問題 4 15
平面図形 (1)の証明問題はここ数年定番化している語群から正しいものを選択する証明問題,(2)~(4)は相似,円の性質,三平方の定理等様々な知識を駆使し,線分の長さや三角形の面積を求める問題でした。この大問にも他の多くの大問と同様に(1)~(3)でわかったことを(4)に活かすことができます。(4)の解法は数パターンありますが,線分DOを延長させて,中点連結定理を利用する方法でなければ,計算が非常に複雑になってしまいます。 4 15
y=axの関数と図形 (1)~(3)①は定番の問題であり平易な問題でした。(3)②は四角形を回転させてできる回転体(円錐台)の体積を考える問題でした。考え方自体は定番ですが,計算が複雑であることがこの問題の難しさです。(円錐台の体積)=(大きい円錐の体積)-(小さい円錐の体積)で求めるよりも,相似な図形の体積比を利用した方が,約分によって計算量が減り,計算ミスの可能性が下がります。 3 15
確率(空間図形) 正八面体の半分の正四角錐の頂点が書かれたカードを,3つの袋からそれぞれ1枚取り出し,取り出されたカードに対応した頂点を結んでできる図形について考える問題です。樹形図等を用いて,1つ1つ正確にかき出し数え上げることが求められています。(2)②は直線ABとCEがねじれの位置の関係になっていること,(2)③は△ABDの面積も2cm2であることを見落としやすく,書き出す量も多かったので非常に難易度が高い問題でした。 2 15
数学的な考え方 2ページにわたって問題文と図表が書かれており,必要な情報をすばやく正確に読み取ることが重要です。問題そのものの難易度は高くはありませんが,最後の大問で時間のない中,この文章量には多くの受験生が苦戦を強いられたことでしょう。(3)は文章から最終的に4ab=404or408,15cd=405にあてはまる整数a,b,c,dを考えることになります。文章に書かれていることを正確に捉えることができれば,シンプルな考え方で解答を求めることができます。 3 16
入試の対策入試の対策
  • 計算スピードを上げる
    計算が速く正確にこなせることで,思考と試行をする時間的な余裕が生まれます。得点を伸ばすためには,問題の条件や図表を落ち着いて読み取ること,問題の条件をかき出し整理すること,図形などは正解に近づくかは未確定だとしてもわかることを求めること等が必要です。時間がない中でこれらをしようとすると,どうしてもミスが増えてしまいます。
  • 定義・定理・公式を正しく理解し,暗記する
    難易度が高い問題も実は基礎基本が複合して成り立っています。よって,基本的な知識技能なしに,どこで何を使うのかを「ひらめく」ことはできません。例えば入試問題レベルの図形問題では,数学の先生であってもその図形を見た瞬間に解法が思い浮かぶことは非常に稀です。定義・定理を利用してわかったことを書き,整理することではじめて「ひらめく」ことができます。
  • 徹底的に解き直しをする
    定義・定理・公式を暗記するといっても,九九のようにその性質を唱えたとしてもなかなか実際には使いこなすことができません。定義・定理・公式は使ってはじめて自分のものになります。徹底的に解き直しをすることで,その問題に使われている定義・定理・公式とともに解法の流れを身につけることができます。
社会:入試の傾向社会:入試の傾向
<出題傾向>
  • 符号選択問題が多く、記述問題が出題されない。6択問題が増加傾向
    符号選択問題がほとんどでした。配点もここ5年間は80点以上で、90点の年(2019年,2022年)もあります。特に地理では語句記述問題が少なく、2019年、2021年、2022年では1問も出題されていません。また、その事象の原因や理由などの記述問題も出題されていません。
    正誤判定問題も増加傾向にあり、「適切でないもの」を選択する問題も必ず出題されます。  選択肢が6つ(多いものは8つ)から1つを選択する問題も増えつつあります。(2020年度2問5点→2021年度8問20点→2022年度14問37点)
  • 資料(史料)の読み取り問題が多く出題
    地理、公民では統計資料の読み取り問題が多く、複数の資料から判断する読み取り問題も出題されます。世界地理では国の貿易品、貿易相手国など教科書や資料集ではあまり見かけない資料が多く見られます。公民では近年の社会情勢や時事的なことから各種アンケート結果、商品の販売台数比較など地理同様教科書で見かけない資料の読み取り問題が多く出題されます。歴史では図の資料(史料)が多く見られます。
  • 標準的な問題が多いが、正確な知識を問われる
    地理・歴史・公民分野とも標準的な問題が多く出題されます。符号選択問題が多いですが、複数資料からの読み取り問題もあり、知識の活用力が重要になってきます。また、選択肢の文章量が多い問題があり、その中で前半は正しいが後半部が間違っている(その逆もあり)など、読解力、注意力が要求されるものも多いです。また、ラスコーの壁画のあるフランス、室町文化の「連歌」、(企業の)社会的責任,物の価格に関しての「希少(性)」など意外な語句記述が出題されることもあります。歴史では、限られた期間でのできごとの流れが問われたりもします。どの分野も正誤判定問題が出題され、正しい知識が要求されます。
<出題内容>
大問 出題内容 設問 配点
地理
1:世界地理(環太平洋地域)
環太平洋地域についての問題。雨温図ではなく表と地図をもとに適切な都市を選択。正誤判定問題でエルニーニョについての記載が出て、少し戸惑いが出たようです。
写真とグラフ、文章で「再生可能エネルギー」の発電に関して不適切事項を選択。東京-シカゴ間の運航スケジュールを見て飛行機の到着日時や飛行時間の差の要因について。入国した移民の出身国の表を見て国を判断。小麦、肉類、銅鉱の日本の輸入相手国について。総合的な問題で、知識とその活用が要求されました。
13 35
地理
2:日本地理(中部・関東)
中部・関東地方についての自然や産業、人の移動に関する問題。河川の月別流量から河川名とその位置を判断。4県の農業産出額の表から、産出物と県名の判断。1969年と2019年のデータを示した製造品出荷額についての表から製造品と県名を判断。農業と工業で対象の県名が違っていて、これも整理がつかなかったようです。地形図は「沼田」(群馬県)から、一般的な地形図の読み取りだけでなく、指定された地点間の高度の正しい断面図の選択、限られた地域の地形の特徴と起こる災害について問われました。
歴史
1:江戸時代までの歴史
図を見て平城京の都市づくりについての正誤判定問題で、朱雀大路の西側が右京、東側が左京であることの確認。資料(祇園祭,江戸城の様子)を見て、それぞれの時代での文化や海外とのつながりに関する問題。土台だけが残された現在の様子から、その原因となった災害(火事)や当時の将軍を考える問題は判断力が要求されました。 14 35
歴史
2:近代以降の歴史
文章を読んで、引かれた下線部に関して考える問題。幕末のアメリカと結んだ条約(日米修好通商条約)と貿易での金銀比率に関する問題。条約名は正答できてもその貿易時の「金」の流出まで問われ、南蛮貿易時の「銀」と混同した可能性は否めません。日本の産業革命の様子(生糸や綿糸について)や下関条約と八幡製鉄所の関連についても出題。第一次世界大戦の頃の日本の様子についての正誤判定問題では、大戦景気で財を成した「成金」を「財閥」と取り違えるなど、解きながら不安を与えられたかもしれません。1923年の関東大震災前の土地会社の広告と震災後の新聞広告からの読み取り問題。住宅問題改善や震災後でも土地の売買が行われていたこと、移動手段として電車が利用されていたことなど多岐にわたっての内容を読み取る力が問われました。
公民
1:日本の政治、経済
所得の再分配に関する文章を読んで考える問題。「累進課税」を解答する問題は定番の問題。日本の社会保障に関して, 4つの柱(社会保険・公衆衛生・社会福祉・公的扶助)とその内容について問われました。介護保険は加入が義務付けられているかどうか、「公助」という語句とその意味についても問われ、やや意外な語句から戸惑いが出たかもしれません。現代社会で問題になっている、高齢者の生活を生産年齢人口が支える割合をモデルケースで考える正誤判定問題。数値計算も必要で、正しいもの(適切なもの)が2つ、選択肢も6つあり、迷わされる問題の1つでした。 12 30
公民
2:現代社会
情報化社会である現代について、文章を読んで考える問題。情報リテラシーや知的財産などの権利や企業の役割や競争社会での法と問題点について多方面から出題されました。資料がない問題でしたので比較的解きやすかったと思います。続いて資料の読み取り問題。1988年と2019年の世界の半導体市場の資料からその変化についての正誤判定問題。さらにパソコン(ノート型とデスクトップ型)の国内生産台数、国内販売台数、消費者物価指数の3つの経年グラフを見て文章の空欄を埋める問題。これも教科書では見かけない資料の読み取り問題。ノート型パソコンの物価指数(商品の価格帯)が下がったことと供給量と需要量の関係を文章読解力も含めて問われました。最後に「希少(性)」の語句記述問題。今年も意外性のある語句記述が出題されました。
入試の対策入試の対策
  • 地理:資料の活用
    教科書の基本知識だけでなく、それをもとにして表・グラフ・地図などの資料を正確に判断する力が必要です。教科書に出てくる統計資料も出題されますが、初めて見る資料がよく出てきます。しかし、実は各地域や各都道府県の特徴をしっかり理解しておけば解ける問題がほとんどです。また、ある農産物に関して上位を占める県名や国名を意識し、さらになぜその地域で栽培が盛んなのか、自然環境もあわせてつかんでおくといいでしょう。統計資料や地図を用いた問題に早いうちからあたっていくことをおすすめします。数値の割合などの計算が必要になる場合もあるので、概数を使ったり、工夫して解く練習もしておきましょう。時差についても押さえておきましょう。
  • 歴史:海外とのつながりや流れを意識して知識量を増加
    特定のテーマについて、歴史の流れや日本と世界のつながりも関連づけておく必要があります。特に最近の出題から強く感じます。教科書の読み直しはもちろんのこと、政治史・外交史・経済史・文化史などテーマ別の入試問題に取り組んでみることも有効な手段だと思います。教科書の資料(史料)、写真についているコメントにも注視しましょう。
  • 公民:語句知識の定着と時事問題への意識強化
    教科書の重要語句の知識習得が必要です。地理・歴史に比べて学習時間が少ないので、学校の授業を大切にし、定期テスト時の学習で確実に仕上げることがより重要になってきます。現代社会のようすや資料をもとにして考える問題が増加傾向にあります。地域組織をはじめ時事問題への対策も必要になりますので、日頃から各種メディアを通じて世の中の動きにも注意の目を向けておきましょう。
  • 共通:語句に意識しながら教科書の読み込み,読解力強化
    選択肢の文章量や資料・図・表が多くなってきていて、複数の資料から判断する傾向にあります。また選択肢の文章ではある部分は正解だが、ある部分が間違っている、などきっちり読みこなすことが必要です。必要な数字と不必要な表など、判断力も問われます。たくさん問題を解くことで、取捨選択をする力はつきますので、数多くの入試問題にあたり慣れていきましょう。また、基本用語記述問題は、漢字指定やカタカナ指定などがかかり、教科書の見直しが大切になってきます。基礎的な語句関連問題は素早く正確に、資料の読み取りなど少し応用的な問題には時間をかけて、といった傾斜をかけた勉強の仕方も必要になってきます。
理科:入試の傾向理科:入試の傾向
<出題傾向>
  • 「化学・物理・生物・地学」の各分野がバランスよく出題される
    過去5年を見ると、大問1の小問集合では、「化学4点・物理4点・生物4点・地学4点」となっており、大問2以降では、「化学21点・物理21点・生物21点・地学21点」という配点になっています。
  • 問題の難易度の差が大きい
    「斑晶・石基」「屈折」といった教科書に記載の基礎的な語句問題から、難解な計算問題まで、幅広く出題されています。計算問題としては、「密度・質量パーセント濃度・質量・体積」これらすべてを頭の中で整理した上で、計算結果を出さないといけない問題まで出題されています。
  • 文章量・図・グラフ・実験が多い
    問題文だけでなく、実験説明の文章もかなり長くなっています。特に、大問2の「火成岩,火山」の問題では、1ページの約半分が実験説明となっており、それを読み込んだ上で、問題を解かないといけなかったため、時間配分に困った受験生も多くいたのではないかと推測できます。
  • 符号選択問題の出題が多い
    配点は、過去5年の内4年が80点以上となっています。符号選択以外の問題としては、「反射」「深成岩」「示相化石」といった教科書に記載の語句や、計算結果を数値で書かせる問題となっており、記述で書かせる問題は出題されていません。
<出題内容>
大問 出題内容 設問 配点
生物
生物の体のつくりとはたらき
・神経系、反射
・感覚器官
・筋肉の動き
・てこの原理
以上の部分が出題されました。
神経系、反射のところでは、生徒10人が手をつなぎ、手を順番に握っていき、その時間を測るという問題が出題されました。最初の2題は、「判断や命令などを行う神経は何か→中枢神経」や、「神経系の経路」を選ばせる問題となっており、基礎的な内容となっていました。ただ、そのあとの端の人を、順番に入れずに計算しないと答えが合わないなど、一ひねりされた問題も出題されています。また、てこの原理が生物分野で出題されることが異例であり、戸惑いがあったのではないかと思います。てこでは、「支点・力点・作用点」の問題が出題されていましたが、その「支点・力点・作用点」の順番が通常の問題と違うなど、多くの受験生が困惑したと思われる問題となりました。
8 16
地学
活きている地球
・火成岩,火山
・地震
以上の部分が出題されました。
前半は、「斑晶・石基、斑状組織・等粒状組織」を選ばせる問題など、教科書に記載の語句や図を使った問題であったため、知識さえあれば解ける内容です。しかし、図を細かく読み解かないと解けない問題も出題されていました。1つの図の中に、6つの鉱物の割合を示すグラフが出ており、そのグラフと4つの選択肢を1つ1つ見比べながら解かないといけません。後半の地震の計算問題では、グラフも出題されました。しかし、そのグラフは、使用しても使用しなくても解ける問題となっており、使用するかどうかは個々に委ねられた問題のため戸惑った受験生もいるのではないかと推測できます。初期微動の速さを求めたときに、通常の速さよりもはるかに遅いため、自分の計算が間違っているのでは?と不安に思ったかもしれません。さらに、震源の分布を現した図は、よく見られる問題ではありますが、今回は教科書に載っている図とは、異なる視点から見たときの震源の分布図を、選ばせる問題となっており、非常に難易度が高い問題となっていました。
6 21
化学
化学変化とイオン
・水酸化ナトリウム水溶液の電気分解
・燃料電池
・中和
以上の部分が出題されました。
化学分野では、基礎的な内容の問題が多く出題された一方で、非常に難解な計算問題も出題されるなど、レベル差が激しい単元となりました。基礎的な内容としては、水酸化ナトリウム水溶液の性質を選ばせる問題や、電子の移動方向を答えさせる問題、さらには、燃料電池のエネルギー変換(化学エネルギー→電気エネルギー)を問う問題などが出題されました。水酸化バリウム水溶液に含まれる「バリウムイオン」の成り立ちや、うすい硫酸との中和における「電流の流れ具合」を表すグラフなどは、教科書ベースの知識があれば解ける内容となっていました。中和の問題は、多くの受験生が苦手としているところではありますが、最後の問題を除けば、比較的易しめの問題だったといえます。難解な計算問題としては、陰イオンの個数の割合を求める問題が出題されました。単に与えられた数値を計算するだけではなく、自身でイオンのモデル図を複数個描いた上で、計算をする必要があり、多くの受験生が難しく感じたと推測されます。
6 21
物理
電流とその利用・運動とエネルギー
・電力
・物体の運動
以上の部分が出題されました。
電力のはじめに出題された「直流・交流」を問う問題は、教科書ベースの知識があれば解ける内容ではありますが、きちんと知識の整理ができていないと、迷ってしまうのではないかと感じます。また、1つではなく、4つの電気器具が絡み合う問題となっていました。また、問題の出題方法も特徴的なものがあり、「電力量を10%以上節約したいとき、取り換えることができるそうじ機の最大消費電力は何Wか。」といったように、「以上」や「最大」といった言葉が出されたことにより、解くことが難しそうと感じて、後回しにしたかもしれません。この問題を解くときには、効率的に計算をしていく数理的能力も求められました。
運動分野でも、教科書ベースの知識問題が出題されていますが、「水平面上での小球にはたらく力として適切なものを選びなさい」といった、よくひっかかる問題をあえて出題しているというのが伺えます。グラフにおいても、2種類の速さの比較を表したグラフとなっており、簡単には正解できない問題となっています。さらに、この物理分野の最終問題は、非常に難解な問題でした。自身で「時間と速さ」を表すグラフを描き、そのグラフ上で「時間×速さ=距離(面積)」を考えて解く必要があり、多くの受験生にとって、「どう手をつけたらいいか分からない」となったことが考えられます。
6 21
入試の対策入試の対策
  • 知識を定着させる
    教科書を中心に、普段から知識の定着を図る必要があります。近年、理科の入試は、暗記だけでは解けない内容になってきているとよくいわれますが、知識さえあれば解ける問題も数多くあるため、まずはその対策をする必要があります。ただし、とりあえず教科書を読めば良いというわけではありません。学校の授業で習ったその日のうちに、教科書を読み直すのが良いとされていますが、タイミングによっては難しいときもあるので、週末に読んだり、TVのCM中に読んだり、隙間時間を上手に活用して読んでもらいたいと思います。
  • 難解な計算問題に慣れる
    近年の入試を見ても分かるように、計算問題が多数出題されています。また、計算問題は、中3内容だけでなく、中1や中2の内容からも出題されています。そのため、中1の段階から、計算問題を多く解いて慣れておく必要があります。学校のワークだけでは圧倒的に量が少ないため、他の教材を利用して少なくとも定期テスト前はしっかりとやりこむ必要があります。
  • 思考力系の問題に慣れる
    複数の図やグラフを見て、複合的に判断して解く問題や、与えられた情報が少ないときに、いかにどうやって答えを導き出して解くか、といった問題は、普段からは非常に対応しづらいといえます。普段から心がけることとしては、難しい問題が出てきても、諦めずに考えぬくこと。普段からこれを意識することにより、中3になってさらに難しい問題が出てきても、しっかり考えて答えを導き出すことができます。
英語:入試の傾向英語:入試の傾向
<出題傾向>
  • リスニングは出題形式が固定化
    聞き取りテスト1は対話に続く応答を選ぶ問題。すべて放送による聞き取りで、会話も選択肢も1度しか読まれません。聞き取りテスト2は会話を聞いて質問の答えを選択肢から選ぶ問題、聞き取りテスト3は英語による説明を聞いて質問の答えを放送される選択肢から選ぶ問題です。
  • 英文読解問題の出題形式は大半が適語句補充問題
    Ⅱ、Ⅲ、Ⅳの英文読解問題では、20問のうち16問が「文脈に合うように適する語句や英文を選ぶ問題」でした。過去に出題されていた、「段落の要旨を捕らえタイトルを考える」という出題形式は全く見られなくなりました。文意をおおよそ理解するというよりも、文脈を細かく読み取る作業が求められていると言えます。
  • 語彙問題に新傾向
    Ⅴの語彙に関する問題は、1が動詞の活用、3が和文をヒントに英訳する問題が定着していますが、2については毎年形式が変わっています。今年度は「自然のもの」を表す3つの単語を説明文の空所に補う問題でしたが、単なる単語の知識だけでは正解ができない問題となっていました。
<出題内容>
大問 出題内容 設問 配点
リスニング 形式は、昨年と全く同じです。1~3の3つのパートに分かれており、1は対話の応答を完成する英文を選ぶ問題で、放送が1度しか読まれないことと、選択肢が紙面に掲載されていないことが特徴です。この種の問題は対話の場面をイメージできるか否かが正答へのカギとなりますが、場面設定が紙面に書かれているためさほど難易度は高くありません。2は対話文を聞いて、3は教師から生徒へのアナウンスを聞いて、それぞれその内容に関する質問に答える問題です。2ではグラフの読み取りを求める問題が出題されたので、昨年より難易度はあがりました。3では、Questionの疑問詞が昨年はwhatのみだったものが、今年はwhatとwhyの出題でした。whyで問われると全文から理由を考えなければならないため難易度があがります。また、使役動詞letを用いた表現(新学習指導要領の改訂内容)も見られました。 8 24
英文読解
(情報理解と整序英作)
授業で発表した3名のコメントもとに、だれがどんな趣旨の内容で述べているか考えたり、コメントに対する意見を完成させたりする問題で、昨年度よりも選択肢の難易度は下がっています。また、恒例の整序英作では過去にはややハイレベルな構文を利用するものが出題されていましたが、後置修飾と数量を問う疑問文(中1レベル)という容易なものになりました。 7 16
英文読解 説明文の読解問題で、過去3年間は「段落毎の要点を読み取る(パラフラフリーディング)」の出題が多く見られましたが、今年は「内容を要約する」問題のみになりました。設問の選択肢としてpay attention toというイディオムや、choose, continue, invent, improveなどやや難易度の高い動詞を含む英文が見られたので、語彙力がなければ厳しかったのではないでしょうか。 6 18
対話文読解 「道の駅」を話題とした比較的読み取りやすい英文。過去には理由や考えを読み取る問題も出題されていましたが、今年度は文の流れに合う表現を入れる問題のみになりました。昨年度から出題され始めた「文脈を示す語句(In addition, Insteadなど)」はBy the way, Of course, For exampleなどの平易なものに変わり、正答率もアップしました。 7 21
語彙問題 3つのパターンの出題で、1は「動詞の活用」、3は「イディオムの知識」が問われる問題で、3年連続で同じ形式です。2については、毎年傾向が変わりますが、今年度は「自然現象(雨が降る仕組み)を、イラストを見ながら英語で説明する」というテーマでの空所補充で、単語の運用能力を試す良問と言える。特に、cloudは複数形にしなければ正解にならず(直後にくる英文中の代名詞に根拠がある)、単語自体は基礎的なものですが、英文の中での正しい形まで意識することの大切さを教えてくれる良問と言えます。 9 21
入試の対策入試の対策

対話の流れを読み取ったり,それに合う表現を的確に答えるといった「コミュニケーション能力」が求められていることと,英文の内容をまとめる問題の出題が主流であるため,読解問題では文脈と主題を常に意識して練習することが大切です。また,語彙においても単なる単語の記憶に留めず,英文の中での正しい形(動詞の変化形,名詞の複数形や派生形)を答えられるように訓練することを心がけましょう。

LINE お友達募集!
ページの先頭へ
ページの先頭へ戻る
ひょうご進路選択ナビ copyright (c) edic sozogakuen, Ltd. All rights reserved.